2011年10月22日のページ

今日の画像

雨上がりはきれい

今日の引用

例えば任天堂Wiiが提供する価値は、アメリカ人にも非常にわかりやすい。「ゲーム好きの子供とそれを嫌う大人の間の溝を解消する」というものだった。子供だけが楽しむのでもなく、親が押し付けて子供がガマンしてつきあってやるのでもなく、みんなが一緒に楽しむ時間という、ユニバーサルな価値を提供していた。via: プレゼンだけじゃない、世界進出の心得「何の問題を解決するのか」 – Tech Mom from Silicon Valley

今日の日記

お昼に野菜を買いに行くと、店頭価格が下がってきて品質も向上していた。台風の影響が薄れてきたのかな。

タイの洪水、カダフィ大佐殺害、ユーロ危機と海外に関心深いニュースが続いた週だった。

今日のリンク

欧米諸国に裏切られ 最後まで戦い続けたカダフィと リビアの緩慢な死 ――笹川平和財団アドバイザー・佐々木良昭|News&Analysis|ダイヤモンド・オンライン
こうした見方を知っておくことは価値がある、と思っている。

米国の2社寡占状態になりそうなHDD業界 欧州委、シーゲートによるサムスン事業の買収を承認
HDD業界にタイの洪水が影響しそう。タイ洪水でHDD不足、米アップルなど年内にも影響波及か | Reutersタイには米国2社の工場があるらしい。

オリンパス騒動  進行中 – storify.com
突然の社長解任からココまでの動きをまとめてみた。

ラップ歌手の MC Hammer、検索エンジン「WireDoo」を開発 – インターネットコム
投資家ということなのか、開発者なのか。気になる。

MC Hammer
Enhanced by Zemanta

2011年10月12日のページ

今日の画像

この声は変わらず

今日の引用

いつか読むは絶対に来ない。

語学学習の本がその典型的な例だそうですが、一度捨ててみて、本当に必要であればもう一度買いなおせば良いと、こんまりさんは言います。確かに、そうですよね。

金スマで紹介された「人生がときめく片づけの魔法」が本気ですごい!:Blogで本を紹介しちゃいます。

今日の日記

クローズアップ現代でスティーブ・ジョブズ特集。少々持ち上げすぎでキモい。iPodの新潟企業の話なんて何年前なんだ。もういいだろ。ジョン・スカリーの出演は個人的には、おっ、って思ったけど。

コメンテーターに孫正義さんが出てきたのもピンと来ない。どっちかというと、孫さんはゲイツってイメージある。孫さんをスタジオに呼ぶくらいなら、ガイ・カワサキのインタビューがあるとよかったけど、この番組に求める方が間違いだと思い直している。

今日のリンク

次代を作るスタートアップ ~ロン・コンウェイの投資リストより~:Don’t be lame
情報共有、位置情報関連が目立つ。

実は、iPhone4Sの月額料金はauの方が安い。 – No!SoftBank
料金、速度、安定性、区域などのバランスが一番大事なのだと思う。

ジョブズ氏亡き後のアップルに試練 クック新CEOの手腕試される
どうでしょう?

webサービス:ページ編集 – storify.com
まとめてみた。

成果主義は無能なマネージメントを隠す欺瞞
amplify してみた。

サプリメントの摂取は大半の人で不要、逆効果も 研究 国際ニュース : AFPBB News
それなりの規模の調査なので、頭から否定できないと思う。個人的には不要というのは賛成。サプリメントの効用はプラシーボ効果をもたらすことだと思う。そして、それはそれだけでもそれなりに意味のあること。

Long Tail World: 僕がスティーブ・ジョブズから学んだ12の教訓-ガイ・カワサキ:What I Learned From Steve Jobs – Guy Kawasaki
どう考えても、この記事の方が価値があると思うのだ。

Image representing Steve Jobs as depicted in C...

Image via CrunchBase

Enhanced by Zemanta

2011年10月5日のページ

今日の画像

風が冷たい

今日の引用

日本やインド、オーストラリア、韓国、そして大半の東南アジア諸国にとって、中国は今や最大の貿易相手国だ。ところが、これらの国々はまだ、軍事面で最も重要な関係を米国と結んでいる。経済的な利益と戦略的な利益が互いに異なる方向を指しているこの状況を、各国は果たしていつまで続けられるだろうか?via: 米国と中国、どちらを選ぶか アジア諸国を悩ませる厄介な選択

今日の日記

世界経済の危機が深刻化してきている。このまま行くと、どうやらリーマン・ショック以上の経済恐慌が待ち受けているらしい。

厳しいのは、どうにか上手く立ち回っても、相当の血を流す必要が有るらしいこと。しかも、何らかの外科手術が必要なことと、それに耐えられない国や金融機関が存在することも確かなようで、その見極めがつかないことが有効な対策を打てずに後手に回っている原因のひとつのようだ。

何やら、20年ほど前のわが国のバブル崩壊を思い起こさせる。大きな図体の舵取りはかくも難しい。

今日のリンク

Amazon Kindle Fire にみるビジネス戦略 – storify.com
storify というキュレーションサービスを使ってまとめてみた。安いのには訳がある、というお話。

iPhone 4S 関連記事 – storify.com
同じく storify 利用。iPhone4S は少々しくったかも、というお話。

auから発売の『iPhone 4S』にイマイチ乗り換えられない7つの理由 | デジタルマガジン
至極真っ当なご意見。

Firefoxにバグ、9分おきにフリーズ | エンタープライズ | マイコミジャーナル
Firefox問題多し。

iPhone 5出ると書いてしまった飛ばし記事大集合 : ギズモード・ジャパン
自分のところの失敗も書いてあるのは良し。ただ、個人的にはiPhone 5 が出なかった理由が知りたい。

Samsung、各国でiPhone 4S販売禁止申し立て検討 – ITmedia ニュース
そんな中、こんな記事も。殴り返すか検討しているなんていう記事にどんな意味があるのか。よく分からない。

Enhanced by Zemanta

Frome Amplify: ユニークなキュレーションサービス4つ

転載元記事で紹介されている4つのサービスのうち、3つに関してはアカウントを取得しました。まだのぞき見程度ですが利用してみましたので、一言レビューしてみます。

Image representing Pearltrees as depicted in C...

Image via CrunchBase

StorifyとCurated.byは利用者が発信した情報の見せ方や扱い方が似ているように感じました。強いて言えば、Twitter風と言いますか。

Pearltreesはその点まったく異なります。各利用者が集めた情報を自由に利用/加工ができる事がウリで、オープンスタンスというか集合知に対して性善説的。
あくまでも個別の情報は自分でコントロール可能となっており、自立した個人の集合体による形成という、西欧的なコミュニティーのあり方が根底にあるのかも。個人的にはインターフェースがいいと思いました。

Scoop.itだけはまだアカウントを取得していません。したがって憶測となりますが、たまたま中身を観たところ、自分の投げかけた話題に他の利用者がおのおの情報を持ち寄って情報の蓄積を図っていくようです。つまり、話題の提供者であっても自分自身では管理できないようなのです。
これはちょっと自分には合わないですね。サービスの発展に伴い、蓄積された情報の編集権の所在が問題になるのでは>Wikipediaのように。ただ、興味のある話題をまとめて閲覧したい時には便利>これまたWikipediaのように。利用するためのアカウントなら取得してみようかと思ってます。

以上4つのサービスですけど、個人的には利用をつづけるのはPearltreesですね。

4 Promising Curation Tools That Help Make Sense of the Web

1. Storify
ソーシャルメディア上のコンテンツをドラッグ・アンド・ドロップで編集でき、ストーリーに仕立て上げることができるサービス。

(百式さんの解説へ)

2. Scoop.it
トピックを登録すると、トピックに関する情報が自動で収集される。ユーザーは情報を選別し、友人に知らせることができる。
紹介動画を見ると分かりやすいかもしれません。

3. Curated.by

「Bandle」という単位で情報をまとめることができるサービス。
ツイッターとの連携が強く、まとめられている情報は主にツイート。
(Togetterに近い感じですが、「Bundleをフォローする」という概念があるのが面白い。)

4. Pearltrees
パールをサイトに埋め込んでいく、というコンセプトのソーシャルブックマーク的なキュレーションサービス。

(これは面白いのでぜひお時間のある方は登録してみてください)

Read more at www.ikedahayato.com

Enhanced by Zemanta