A Bit Better RTMをまとめてみた。

なんだかんだ言っても、RTMは使いやすい。シンプルなインターフェイスと実は多機能というwebアプリの王道を行っているからだろう。
そんなRTMをちょっこし使いやすくするユーザースクリプトのまとめがこれ。
とくにshortcutキーは便利そう。とくに”Ctrl + m”と”q” 。入力系のショートカットはある程度覚えたので、この二つで大抵のことはマウスなしで済みそうだ。

Amplify’d from userscripts.org
FEATURES:

  • display list tabs to the left
  • drag-and-drop list re-ordering
  • drag-and-drop move tasks between list
  • display tasks count
  • resizable task list
  • hide useless lists (available through Settings -> Lists)
  • unique URL for lists and tasks
  • configuration section under Settings –> A Bit Better RTM

SHORTCUTS:

  • “Shift + j / k” – switch between lists (Shift + o – open selected list)
  • “Ctrl + g” – Go to list. Displays a popup for selecting a list to go to.
  • “Ctrl + m” – Move to list. Displays a popup for selecting a list to move tasks to.
  • “q” – quick add list
  • “/” – focus search box

Read more at userscripts.org

広告

RTM エキスパート検索を極めるための21の例文 – Forgot the Milk.

From Evernote:

RTM エキスパート検索を極めるための21の例文 – Forgot the Milk.

Clipped from: http://d.hatena.ne.jp/hmiyaza1/20070510/1178789499

最強のタスク管理ツール、Rmemember The Milk のエキスパート検索機能はかなり強力で、登録したタスクを様々な検索オペレータを用いて検索することができます。詳しくはこちらをごらん下さい。

> Remember The Milkを使い倒す – GTDなTODO管理に最適なRTMの特徴や機能を紹介します
> Remember The Milk 検索を極める – Forgot the Milk.

さて、本日、Remember The Milk のブログ から、よく使う21の検索キーワードが発表されました。これは、Remember The Milk のフォーラム で出された検索キーワードに関するアイディアを、Remember The Milk ユーザと共有するためにまとめたものだそうです。

このページをおさえておけば、Remember The Milk のエキスパート検索をマスターしたも同然です!シンプルで分かりやすい例文は、応用が効きます。また、検索結果をスマートリストに登録することで、Remember The Milk の世界をもっと深く楽しむことができます。
それでは、どうぞ。

1. 期限切れになっているタスク

dueBefore:today

2. 期限切れになっているか今日までのタスク

dueBefore:tomorrow

3. 1週間以内にすべきタスク(期限切れのタスクを含む)

dueWithin:"1 week of today" OR dueBefore:today

4. 1週間以内にすべきタスク(繰返しタスクを除く)

dueWithin:"1 week of today" AND isRepeating:false

5. 今週中にすべきタスク(週の終わりを日曜日とする)

dueBefore:Monday

6. 来週中にすべきタスク(週の終わりを日曜日とする)

dueWithin:"1 week of Monday"

7. 今月中にすべきタスク

dueWithin:"1 month of 1st"

8. 今日予定されている、または今日完了したタスク

due:today OR completed:today

9. 週末にすべきタスク

due:sat OR due:sun

10. 期日未指定のタスク

due:never

11. 優先度なしのタスク

priority:none

12. 優先度指定のあるタスク

NOT priority:none

13. タグ付けされていないタスク

isTagged:false

14. 予測時間が20分未満のタスク

timeEstimate:"< 20 min"

15. 緊急のタスク(優先度1 or 期限切れ or 期日まで2日以内)

priority:1 OR dueBefore:"today" OR dueWithin:"2 days of today"

16. 1週間以内に完了したタスク

completedWithin:"1 week of today"

17. 今週完了したタスク(週の終わりを日曜日とする)

status:completed AND completedWithin:"1 week of Sunday"

18. 先週完了したタスク(週の終わりを日曜日とする)

status:completed AND completedWithin:"2 weeks of Sunday" NOT completedWithin:"1 week of Sunday"

19. 3ヶ月以上前に登録された未完了タスク

status:incomplete NOT addedWithin:"3 months of today"

20. 「call」タグが付いていて、今日まで、または期限切れのタスク

tag:call AND dueBefore:tomorrow

21. 全てのタスク

(検索窓に何も入力せずにエンターキーを押してください)

まとめ

頻繁に使用しそうなキーワードがいっぱいありますね。特に19番の「3ヶ月以上前に登録された未完了タスク」なんて良いですね。自分がいかにそのタスク実現に対して努力してこなかったが一目瞭然です!

他にも、こんな検索キーワード使えるよ!っていうアイディアがある方はコメント欄にお願いします。

「Remember The Milk」にコマンドライン派が喜ぶ「Smart Add」が追加 : ライフハッカー[日本版]

From Evernote:

「Remember The Milk」にコマンドライン派が喜ぶ「Smart Add」が追加 : ライフハッカー[日本版]

Clipped from: http://www.lifehacker.jp/2009/09/remember_the_milksmart_add.html

そのRTMがこのたび「Smart Add」という新しい機能を追加しました。とくに、メール・Twitter やiPhoneなどからRTMを使っているユーザさんは必見の便利な機能です。

「Smart Add」は、特定のASCII文字を”暗号”として、タスクの納期・フォルダ・タグなどを認識し、 そのとおりに整理してくれる機能。詳しくは、RTMの公式ブログ記事をご参照いただくとして、主な操作と”暗号”は以下のとおりです:

 

1:納期

「^」の後に日付や時間を記入すると、そのタスクの納期として認識される。

2:優先順位

「!」を入力し、優先順位の数字(1・2・3)を続けると、タスクの優先順位を指定する。何も定めなければ「優先順位なし」と認識する。

3:リスト・タグ

「#」に続いて、リスト名やタグ名を入力すると、タスクを指定したとおりに保存できる。入力したリスト名・タグ名が存在しなければ、新規として認識 し、作成される。

4:場所

「@」に続いて場所を入力すれば、タスクを実施する場所を指定することができる。

5:繰り返し

繰り返しタスクは、「*」を入力し、その頻度を入力しよう。毎日であれば「daily」、毎週なら「weekly」といった具合。

6: タスク所要時間予測

「=」に続いて時間を入力すれば、タスクを遂行する時間予測を指定しておくことができる。

たとえば、以下のようなタスクメッセージの場合、

Return drill to Dave ^thursday #personal #car =20min

「Return drill to Dave(Daveさんにドリルを返す)」というタスクの納期は木曜日、所要時間は20分程度、個人リストに保存し、「car」タグをつけるという意味に なります。

この”暗号”を覚えるのが多少手間ですが、いったん覚えてしまえば、メール・Twitterなどからでもタスクがきちんと整理できるので、パワー ユーザにはとってはとても便利ですね。「Remember the Milk」については、ライフハッカー過去記事「『Remember the Milk』をユーザー仕様にカスタマイズ」なども参考にしてみてください。