米国出版業界の参入障壁

どこの国にも何がしかの参入障壁はあるもので、それが特に歴史的あるいは文化的もしくはその両方ともなれば強大な企業も跳ね返されてしまうらしい。

そんな事例を下記の記事を読んで知った。

エージェントとしては、自分が抱える作家の本がバーンズ&ノーブルに並ばないことがわかっていて、敢えてアマゾンから本を出させるようなことはした くない。どんなにキンドル版でバカ売れしますと言われても、それこそティム・フェリスやセス・ゴーディンのように紙の本にこだわらない著者ではない限り、 書店に自著が並ぶのを見たいというのが物書きの願望だろうし。

そしてこれは英語圏での成功を夢見る著者や出版社に対し、私がいつも口を酸っぱくして言っていることなのだが、アメリカの書籍の流通を理解してロジ スティックスを組める体制を持っていないと、全国の書店に本を並べるのはムリだということ。日本の出版社が自分たちで英訳して「とりあえず」出してみて も、まったく売れないようになっているのだ。

そのロジスティックスとは、本が出る何ヶ月も前から、カタログを作り、書店側に見本刷りを配り、メディアに書評を書いてもらい、書店の平積みに載せ てもらえるようにcoopという予算を使い、セールス・レップと呼ばれる営業担当が取次や書店から注文をとる、ということを刊行日までにじっくりやる仕組 みのことだ。日本のように取次さんに「初版何部なんでヨロシク」と投げられないようになっているのである。そしてこっちの作家は日本のようにあちこちの出 版社からちょこまか分散して出したりしない。だから作家としても、この出版社になら作家生命を預けられる、と思えるほどのコミットメントが感じられないと 契約したくないのもうなずけるだろう。

アマゾンは一般書の出版社として失敗したのか? « マガジン航[kɔː]

飛ぶ鳥を落とすAmazonすら、コンテンツメーカーたる作家の意向の前には軍門に下った。彼らはまだまだ書店に並ぶ「本」に魅力を感じているらしい。しかし世の中は変わる。しかも相手は、あのAmazonである。

何年か後には当たり前のようにAmazonが世界有数の出版社のひとつになっている気がする。

2011年12月27日のページ

今日の画像

見通しが立たない

今日の引用

Utilizeの代わりにuse、close proximity の代わりにnear 、facilitate の代わりにhelp 、in the amount of の代わりにfor 、commence の代わりにstart、と書くのだ。

長い言葉を使うのは、それ以外の言葉が当てはまらないような特定の意味がある時だけだ。via: 優れた文章を書くための11の賢いヒント | SEO Japan

今日の日記

初めてキムチとタクワンのキムタクチャーハンを食べた。美味しかった。キムチは加熱すると甘みが出るので、子供でも美味しく食べられるだろう。

昨日に引き続きWebサービスの整理。断舎離である。

今日のリンク

副島隆彦氏、野村證券の「法的対応」に「受けて立ちます」 : J-CASTニュース
やれやれ、もっとやれ!

アプリ帝国の衰亡
この業界で数年後の話とはずいぶん遠い未来の予測だけど、どうなるかな?

InfoQ: Gartnerによる次の5年の予測
これも予測だけど、ホントっぽく聞こえるあたりが流石というか権威というか。

アマゾンの電子書籍は来年以降に 国内での配信 – 47NEWS(よんななニュース)
対応を遅らしておきながら今になって浮き足立っている、ということか。

Geekなぺーじ:世界最大のレジストラGo Daddyが大炎上、SOPA支持表明で
これ、大統領選の争点の1つになるかも。Web業界VS既存コンテンツ業界。

2011年10月30日のページ

今日の画像

ドヤッ!曲げたった

今日の引用

オリンパスの混乱についても、「リーガル面で地雷が埋まっている可能性を危惧する向きは少なくない」(欧州系運用会社)という。こうした懸念が同社株への売りに含まれているのだ。via: 一気に下落のオリンパス株、海外投資家が「見切り売り」する本当の理由

今日の日記

何かとコストのかかる日本を脱出して海外で生産活動を行なっていたのに、今度はカントリーリスクに悩まされる。コストとリスクが天秤なのは仕方がないことではあるのだが。

今日のリンク

「こんなの論外だ!」アマゾンの契約書に激怒する出版社員 国内130社に電子書籍化を迫る – BLOGOS
こうなることは何年も前から分かっていたのに、今頃大騒ぎしているあたりも、TPPと同じ。

Android向け「Dolphin Browser」でスパイウェア疑惑、開発元は機能停止 – ケータイ Watch
開発者は悪質と言われても仕方がないが、同時に広告収入を当てにした無料化経済の限界も感じる。

タイの大洪水が再び露にした供給網の脆さ 「iPhone」の部品の大移動が重要な理由
先進国以外で活動する以上カントリーリスクはもう仕方がない。

ユーロ圏首脳会議が危機対策で合意! 金融市場は最悪期は脱するも  ユーロ圏債務危機の収束には10年が必要 ――野村証券シニアエコノミスト 岸田英樹|ソブリン危機――歴史的難局の選択肢|ダイヤモンド・オンライン
10年もあるともとの黙阿弥になりそうだ。

2011年10月26日のページ

今日の画像

TechCrunch founder Michael Arrington

Image via Wikipedia

この人がTechCrunchからいなくなったのはジョブズがAppleを去ったようなもの。

今日の引用

ベストな選択をしたい時は、おいしい朝食を食べて、ダラダラ続くような会議は入れないようにし、できれば午後イチの一番頭が冴えてる時間帯を確保しましょう。自分の自制心が一番よく働いて、まともな決断ができる時間を把握しておけば、間違った決断をして後悔するようなことは避けられそうです。

とりあえず、大事な決定は一日の終わりにしないということだけでも頭の中に入れておきましょう。

via: 「決め疲れ」で間違った決断をしないために、大事な決定は一日の終わりにしない! : ライフハッカー[日本版]

今日の日記

欧州首脳会議の帰趨に世界中が関心を寄せている。もとより今回で解決なんて誰も思ってないけど、決裂して空中分解なんてことだけは避けて欲しいと誰もが思っている。世辞に長けた欧州首脳たちのなので、なんとか前進しているような雰囲気は作り出すだろう。実際の会議は夜に行われるので、会議の内容を受けての反応はNYが示すことになるのかな。

今日のリンク

犯罪者DB無用で怪しい人物を自動的に認識する顔認識トラッキングシステム
CSIシリーズというよりNCIS-LA かな。

eBook Forecast:「Amazonがやってくる」で一挙に燃え上がった爽涼の電子書籍市場 (1/2) – 電子書籍情報が満載! eBook USER
長い記事だが、要は国内勢による電子書籍はパッとしないものの、それでもやっとAmazonのおかげで尻に火がついてきた、ということらしい。

ネタバレ注意:スティーブ・ジョブズは色々なお茶を好んだ、と本に書いてある
このネタばれが本当なら、一風変わった伝記だ。いや、それこそジョブズに相応しいのかも。

ジョブズが世界にもたらした「IT革命」の光と影 わがままで、傲慢で、凄まじい美意識は何を生んだか|今週のキーワード 真壁昭夫|ダイヤモンド・オンライン
晩年のジョブズの、というか最近のAppleは手放して褒め称えることはできない。勝ち組だと思うけど。

Grouponの株が割引クーポンになった? 上場目前に時価総額大幅下落で爆笑パロディー登場
TechCrunch らしい風刺の効いた楽しい記事。言われた方は嫌味にしか取らないだろうけど。

本当にやめよう! 仕事でやりがちな愚かな行為ワースト5 : ライフハッカー[日本版]
仕事っていうか、人間性?人として?の問題みたいな?

Enhanced by Zemanta

2011年10月25日のページ

今日の画像

夏を思い出した

今日の引用

「はっ」と気付いたら、即座に始める。そうして、わき目もふらずに集中する。この時に大切なのは、なかなか調子が出なくても、諦めないことです。すぐには集中できなくても、やめずにそれを繰り返していることで、次第に、瞬間的に「トップ・スピード」に入れるようになってきます。via: 茂木健一郎 クオリア日記: 勉強法に悩んでいるみなさんへ (6)一秒で集中する方法

今日の日記

最近の小中学生のなかで、携帯やスマホによるソーシャルゲームにハマっている子が増えているらしい。まあ、流行りというのはそんなものだが、中には数十万円もの課金請求が発生するケースがあるようで、問題になっているようだ。

これを自己あるいは家族の責任とする意見には反対。ソーシャルゲームを提供している大手プラットフォーム会社は、もっと対策を講じるべきだ。

そもそも射幸心を煽って金銭取引を発生させる遊びが野放し状態なのはどうかと思う。パチンコ然り、ソーシャルゲーム然り。暴力団にアレだけ厳しいのだから、こうした射幸性の高いゲームに対しても、厳しい目で見る必要があると思う。

今日のリンク

日本国民総プログラマー化計画、始動! 【増田(@maskin)真樹】 : TechWave
こういうのは、遊び心や洒落っ気がないと上手くいかないよね。

先の見込みが無い日本と日本の電子書籍の未来を明るくする、たったひとつの方法 | More Access,More Fun!
子供の頃に身近に本があった。それについては、親にすごく感謝している。

インターネットのコンテンツが有料メルマガとFacebookにシフトする – Future Insight
Facebookにパーマリンクがないのは、付帯情報を自分たちで独占するため、という話が面白かった。

オバマ米大統領、次期大統領選に向けてTumblr開始 – ITmedia ニュース
この辺りはホントに目ざとい。でも、前回とは逆に今度はオバマには強い向い風が吹いている。Tumblrが強力な武器になるだろうか。

グーグル、ヤフー買収を検討か–WSJ報道 – CNET Japan
ウホッ。もはやYahoo!はいじられてナンボのキャラになってしまったな。ちょっと悲しい。