米国出版業界の参入障壁

どこの国にも何がしかの参入障壁はあるもので、それが特に歴史的あるいは文化的もしくはその両方ともなれば強大な企業も跳ね返されてしまうらしい。

そんな事例を下記の記事を読んで知った。

エージェントとしては、自分が抱える作家の本がバーンズ&ノーブルに並ばないことがわかっていて、敢えてアマゾンから本を出させるようなことはした くない。どんなにキンドル版でバカ売れしますと言われても、それこそティム・フェリスやセス・ゴーディンのように紙の本にこだわらない著者ではない限り、 書店に自著が並ぶのを見たいというのが物書きの願望だろうし。

そしてこれは英語圏での成功を夢見る著者や出版社に対し、私がいつも口を酸っぱくして言っていることなのだが、アメリカの書籍の流通を理解してロジ スティックスを組める体制を持っていないと、全国の書店に本を並べるのはムリだということ。日本の出版社が自分たちで英訳して「とりあえず」出してみて も、まったく売れないようになっているのだ。

そのロジスティックスとは、本が出る何ヶ月も前から、カタログを作り、書店側に見本刷りを配り、メディアに書評を書いてもらい、書店の平積みに載せ てもらえるようにcoopという予算を使い、セールス・レップと呼ばれる営業担当が取次や書店から注文をとる、ということを刊行日までにじっくりやる仕組 みのことだ。日本のように取次さんに「初版何部なんでヨロシク」と投げられないようになっているのである。そしてこっちの作家は日本のようにあちこちの出 版社からちょこまか分散して出したりしない。だから作家としても、この出版社になら作家生命を預けられる、と思えるほどのコミットメントが感じられないと 契約したくないのもうなずけるだろう。

アマゾンは一般書の出版社として失敗したのか? « マガジン航[kɔː]

飛ぶ鳥を落とすAmazonすら、コンテンツメーカーたる作家の意向の前には軍門に下った。彼らはまだまだ書店に並ぶ「本」に魅力を感じているらしい。しかし世の中は変わる。しかも相手は、あのAmazonである。

何年か後には当たり前のようにAmazonが世界有数の出版社のひとつになっている気がする。

広告

まずは退却路から確保せよ 

弱者の論理とは何か、をこれほど具体的に教えてくれる事例も珍しい。そんな記事を見つけたよ。

ワッツのIR説明会での社長のおもしろプレゼンの中で、私が特に気に入ったのが、「ローコスト出退店」というキーワードです。別業態の既存店舗を改装して自社店舗とすることで出店コストを抑える「居抜き出店」というのは、よく聞く話ですが、「出店時に退店コストを最小化することを考える」というのは、なかなか他の多店舗展開の業態では見られない発想です。

ワッツの店舗は、町のスーパーの一角の天井にポップをつけ、什器を並べただけのような、70坪程度の小規模なものが中心です(筆者撮影画像参照)。居抜き出店が普通ですから、店舗内装にはほとんどお金をかけません。

その上、出店前に、①退店の時の敷金償却をできるだけ少なくする、②退去告知後、できるだけ早く退店できるオプションを獲得するといった交渉を家主と徹底的に行うようです。

引用元: 「ダイソーが来たらすぐに逃げる」という発想は見習いたい | cpainvestor.com.

この会社は引用元の表題にあるように、同業のなかで圧倒的強者であるダイソーとは戦わない戦略らしい。さっさと逃げ出すあたり、草食動物さながらだ。

しかしココでふと思った。ダイソー以外の競合とはどうなんだろう?

恐らく店舗面積がそれほど変わりないなら、十分勝てるくらいの自信は持っているに違いない。そうでなくては、組織が成り立たないはすだ。

うーん、何やら楠木正成や真田幸隆みたいな雑食系中小領主のイメージの方が相応しいようだ。草食動物と言った前言は撤回しよう。

ヤフージャパンは古い会社なのか

ヤフーはTechCrunch Japanの読者からすればきっと退屈な企業に写っていたかもしれない。なぜならばヤフーからは新しいテクノロジーやサービスもイノベーションも見えてこないからだ。

via 第二幕がスタートしてヤフーは変化するのだろうか.

夏までにかなりの変化を感じさせないといけませんね。ビジネスというより、先進的なサービスをスタートして欲しいとおもっています。

 

2011年12月24日のページ

今日の画像

実は水のほうが暖かい

今日の引用

 今のMicrosoftは、いろいろな面で模索を続けている。SkyDriveがIE9よりChromeでの方が使いやすいとか、ブラウザからOneNoteへのドラッグ&ドロップがIE9ではできないのに、Chromeならできるといった不便は考えものだ。via: 【山田祥平のRe:config.sys】 雲ひとつない空はつまらない

今日の日記

ヨーロッパとNYの株式相場が週末にかけて連騰。特にNYはこれまでの下げを取り戻して上回る水準になった。日経平均先物も連れて高騰しているけど、どうなんだろうか。大企業に関するきな臭い噂が出ているし。さて、どんなXmasプレゼントになるか。

今日のリンク

【金正日総書記死去】正恩氏母は在日、最高機密に 口外厳罰、周知の朝鮮総連を危険視+(1/2ページ) – MSN産経ニュース
南北ともに在日関係者がトップになるのかな。

Firefoxはこの1年で7倍高速になり、メモリ使用量は半分になりました – GIGAZINE
メモリ監視ソフトでたまに確認すると消費量はChromeの半分くらい。いい仕事していると思う。

乗るしかない、このテックウェーブに! – hogehoge @teramako
いわゆるFirefox騒動のまとめ。

グルーポン:半額券、売りすぎだ 北九州・小倉南の飲食店、「契約違反」と提訴 – 毎日jp(毎日新聞)
このビジネスはすでに食い散らかしの段階。焼畑農業すぎる。

ソーシャル・ショッピング掲示板のPinterestの成長は驚異的―6ヶ月でトラフィックが40倍に
確かに画像は綺麗でオシャレ。選ぶのが楽しい。この辺はTumblrより上。

onyourmark | NEWS | 「このジャケットを買わないで」パタゴニアからのメッセージ
もっと注目されて良い事例。かなりインパクトがある。

2011年12月14日のページ

今日の画像

みんなどこへ行ったの?

今日の引用

値下がりを避けるためには、企業が増資に向けた魅力的な成長ストーリーを語ることが不可欠だ。ところが「最近は投資家を説得できるだけの青写真を描けない企業ばかりが目立つ」(大手運用会社)。via: 増資インサイダー疑惑で新展開 当局が狙う10社リストの震撼|Close Up|ダイヤモンド・オンライン

今日の日記

株価や為替相場の上下よりも、取引参加者の減少の方が問題。市場資本主義の根幹に関わる問題。経済が立ち枯れする。

 

 

今日のリンク

asahi.com(朝日新聞社):植物巨大化の遺伝子発見 名大、果実収量拡大に応用も – サイエンス
放射線の影響とか言い出したり。

「神の粒子」、99・98%の確率で見つけた : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
凄いね。99.99%だと発見になる。

「Google Chrome 16」安定版リリース–ユーザー切替機能も – CNET Japan
アップデートしました。

Yahoo知恵袋で風評被害を受けた誹謗中傷対策会社、同業者を裁判で訴える – GIGAZINE
もっとやれ!

Appleと特許ゴロがタッグを組んだ!? | 栗原潔のIT弁理士日記
アップルのこうした暗黒面が少しづつ表面化していくはず。

Andorid向け日本語入力のSimejiをバイドゥが買収
IT産業でもこうした部品メーカー的スタートアップが増加すると予想。悪いことではない。

2011年12月13日のページ

今日の画像

しがみついておこう

今日の引用

mixiは、「人」ではなく「趣味や嗜好」を軸にしたSNSとして突き進むべきではないだろうか。おそらくそれがユーザーのニーズにつながるし、訪問者を保ち続け、増加させることが道しるべになるのではないか。via: TECH SE7EN : mixiはもはや「人」が軸のSNSではなくなりつつある

今日の日記

近所のスーパーでたまたま安売りキムチを発見。そのキムチが思いのほか美味しい。国産キムチと違い、しっかり唐辛子を使っているからだろう。それでいて、値段は国産メールアドレス品より安い。円高効果なのだろうか。デフレなのだろうか。

そう、諸外国がインフレ傾向にあるなかデフレ局面にあるわが国の為替水準は実質的にはそれ程高くない。従業員の給与水準を抑えておきつつ円高対策を声高に叫ぶ財界はアホなのか厚顔無恥のどちらかだろう。

今日のリンク

新・企業力ランキング トップ2000社 ――多様な財務指標からわかった会社の“実力”(1) | 経営実務 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン
これ以上に時代の変化を明確にするランキングがあろうか。

管理職がジョブズの自伝を読んではいけない理由 | 田園Mac
ロックスターに憧れることとロックスターのような生活を送ることはぜんぜん違う。

ボイジャー1号、「宇宙の煉獄」に到達(動画あり) : ギズモード・ジャパン
ボイジャーと聞くと昔みた科学TVシリーズの『コスモス』と出演したカール・セーガン博士を思い出さずにはいられない。科学不信が広がる時代にこそセーガン博士のような人が必要なのだが。

2012年の国内スタートアップトレンド予測 (5 Startup Trends of Japan 2012) | ソーシャルウェブが拓く未来
こういう来年の予測記事がたくさんでてくる季節になりました。内容的には、良質なインキュベーターの出現というのが当たるといいなあと思いました。

遂にキタ – .∵・(゚∀゚)・∵. – ッ!!大事なGoogleアカウントを堅牢に守りきる2段階認証プロセス日本語版がとうとう有効になりました! | 適宜覚書-Fragments
結構手間がかかるのね。手間と堅牢とのドレードオフ。

2011年12月12日のページ

今日の画像

それでも道は続く

今日の引用

P プロセッサーの処理能力は18カ月で2倍になる
S ストレージの容量は12カ月で2倍になる
N ネットワークの処理能力はそれほど伸びていない

だからグーグルのデータセンターのようなネットワークの中心がパワフルになる。
それと同時にiPadなどの周辺のデバイスもパワフルになる。

この余剰リソースを上手く利用するにはアプリ・インターネット(App Internet)モデルを実行するしかない。

Web=インターネットではない。アプリ・インターネットはWebを駆逐する。
via: 「ポスト・ソーシャル時代が来る」 ジョージ・コロニー – Market Hack

今日の日記

プーチンのロシアで選挙結果に反対するデモ。ここでもSNSが使われているそうだ。今年は後にデモとSNSがくっついた最初の年と思われるのではないか。

今日のリンク

ゲーム『桃太郎電鉄』シリーズが終了 コナミによる買収でクリエイター離れ原因 | ニコニコニュース
桃太郎電鉄の新作って今でも売れてるのだろうか。そうだとしたら勿体ない。

asahi.com(朝日新聞社):コカ・コーラのレシピがこの中に… 製法の保管庫公開 – ビジネス・経済
世界最高レベルの機密事項らしいですな。

あの老舗サイトまでもが閉鎖…2011年にサービス終了したWebサービスまとめ16個 – W3Q
終わりはいつか来る。