wechasethemoon:woah

wechasethemoon:

woah

via tumblr http://feedproxy.google.com/~r/tumblr/VhPj/~3/i0m0F8_13Ek/25356564391

広告

棚卸し:Easystepで『英語上達完全マップ』マインドマップ

今年のバレンタインデーに作成したマインドマップ。

マインドマップ作成webサービス「Easystep」で作ったままでしたが、そのEasystepがサイトリニューアルしたそうなのでその記念エントリしようという次第でございます。

といっても、リニューアルは10月月初で、マインドマップも2月に作ったという具合ですので、ここはまあ「棚卸し」ってことでお茶を濁そうかという体たらくなわけでして。何とぞ、お目汚しはご勘弁を。

 

講釈はこの辺にして、まずはマインドマップのお披露目でございます。

なんとか表示されてますね。
マップの内容はともかく、安心しました。
これでいい新年を迎えられそうです。
ありがとうございました。

アサンジ氏無罪の可能性

ダイヤモンドのワシントンの大物弁護士へのインタビュー記事。彼はアサンジ氏はほぼ確実に訴追されるが無罪になる可能性が大きいと考えているようだ。
ジャーナリズムとは、ネット犯罪とは、ネット時代の国籍とは。いろいろな事が問われる興味ふかい裁判になることは確実だろう。

Amplify’d from diamond.jp

――米国で起訴される場合はどんな罪状になるのか。

 まず考えられるのはスパイ罪(スパイ法違反)である。これは1917年に制定された法律で米国の安全保障を傷つけたり、政府の機密情報を漏洩した場合などに適用される。

 ただ、スパイ罪はこれまでメディアやジャーナリストに対して適用されたことはない。とくにウィキリークスの場合は一度に何千、何万の情報が公開されるわけで、特定の情報や文書が公表されるケースとは異なる。その意味でこれは大きなテストケ-スになるだろう。言論の自由を保障した憲法修正第1条によって何がどこまで保護されるのか、第一次世界大戦直後のはるか昔につくられたスパイ防止法が、今日のインターネット時代の情報にどう対処するのかなどが問われることになり、非常に興味深い。

――スパイ罪の他にはどんな罪状が?

 他に政府所有物の窃盗罪、共謀罪などが考えられるが、こちらも司法当局にとっては大きな挑戦となるだろう。窃盗罪では実行犯が別にいるため、アサンジ氏が何らかの形で犯罪に関与したことを立証しなければならないし、共謀罪も実行犯との間で話し合いや同意がなされたことを立証しなければならないからだ。

――アサンジ氏は米国人ではないが、スパイ法を適用できるのか。

 彼は米国人ではない上に、米外交文書の漏洩も米国外で行っている。それでも米当局がスパイ法を適用できるかどうかはわからない。

――裁判になればアサンジ氏はどのような主張を展開するか。

 まず、米外交機密を漏洩したのは米国外であるため米国の法律は適用されないと。それから、ウィキリークスはメディアとしての役割を、自分はジャーナリストとしての役割を果たしただけで、スパイ罪はメディアやジャーナリストには適用されないはずだと主張するだろう。

 たとえこれらの主張が認められず、起訴が取り下げられなかったとしても、アサンジ氏を有罪にするには彼が意図的に米国政府に害を与えようとしたことを立証しなければならない。合理的な疑いを超えてその事実を立証する責任はすべて当局側にある。つまり、司法当局がアサンジ氏を起訴するのは難しくないが、有罪に持ち込むのは容易ではないということだ。

――アサンジ氏はジャーナリストなのか。

 当局は、生の機密情報を編集せずにそのまま公開するのはジャーナリズムとは言えないと主張するだろう。しかし、ジャーナリストとしての活動を明確に線引きするのは難しいし、アサンジ氏は国民にとって重要な情報を入手し、公開することがジャーナリズムだと主張するだろう。憲法修正第1条に照らしてみれば、彼の主張が認められる可能性は高い。

Read more at diamond.jp

Mapping Facebook’s Global Takeover [GRAPHIC]

World Map of Social Networking, Dec. 2010

World Map of Social Networking, June 2009

Facebook???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
????????????????????????????????????????????????????????????mixi??????ameba?????????????????????????????????
ameba??????????????????????????????????????????????????????????????????mixi?????????????????????????????????????????????
????????????????????????Facebook??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

書けない時にあなたを助けるアウトライナー・ストーミング 読書猿Classic: between / beyond readers

1.構成・あらすじを書けるだけ書く
 ・粗いところは粗いままでいい。
 ・細かく書けるところはできるだけ書く。

2.構成・あらすじから一項目を選んで、その項目に関して何でもいいから書く
 ・数をかせぐ。要はトピックを限定したブレイン・ストーミングである。
  ・順不同、カテゴリーの大小、その他にはこだわらず。
  ・素材、連想、データ、引用、きめゼリフ、その他何でもいいから書き出す。
 ・自分の場合は、その時点で一番粗いところから取りかかることにしている。
 
(構成・あらすじのあちこちで、2.の作業を繰り返して、それなりのボリュームが出てきたら)
3.これも好きなところから、並び替えして整理する
 ・コツとしては「くずかご」という項目を作って、不要に思える項目を放り込む。
  ・削除するかわりに、見える形で〈片付ける〉ことで代用する。
  ・削除となると、後悔の前払いとも言うべき躊躇する気持ちが作業を滞らせる

どうしても書かなければいけないときなんかに、こうした方法はアリだと思う。

Tumblrが復帰した直後に実施するべき3つの作業 | ブログヘラルド

タンブラのユーザーには、タンブラのブログで自動投稿を実行するため、ポスタラスのアカウントを作ることを勧める(注記: ギークではないなら、特にこの選択肢を真剣に考慮してもらいたい)。

ワードプレスのユーザー(セルフホスト版)には、ネットワーク・パブリッシャータンブルライズ・プラグインのいずれかをインストールして、すべてのアイデアを安全にエクスポートし、タンブラのフォロワーにリブログ、ライク、そして、コメントしてもらうことを勧める。

実際には、もうTumblr復活してるんだけど参考になったので。

なるほど、Tumblrとposterousは競合関係にあるけど、ユーザーからすると補完関係になるわけか。
たしかに、私も今回のTumblr騒動にあたっては、posterousに頼ったしね。

あと、WordPressプラグインでTumblrをエクスポートできるのか。オートポストされるのが嫌なら、エクスポートを実行したらプラグインを停止すればいい。
これは検討の余地ありだ。