現役Chrome 拡張機能

現在バリバリに使っているChrome拡張機能をChromeウェブストアにリンクさせて紹介

 

横綱

Taberareloo    
Tumblrやはてな、Pocket、Twitterなど多くのソーシャルサービスにマルチポストできる優れもの。

Keyconfig  
キーパウンドでブラウザを操作出来る。特定ページを開くことも、さらに上のTaberarelooや各種Bookmarkletも動かせる。オフモードにすることも可能。

この2つがあるからChromeを使うと言っても過言ではない、っていうくらい便利。バリバリ使ってる。

 

大関・関脇クラス

AutoPatchWork   
オートスクロール機能。他にもあるけど、不満はないので、コレを使っている。

OneTab   
アクティブで固定されていないタブを収納してくれる。ブクマするほどでもないけど残しておきたい、なんて時に重宝する。

ato-ichinen  
Google検索の結果表示を自動的に一年以内にしてくれる。

Shortcut Manager  
keyconfigをオフモードにしてるとき使う。特定ページを開くだけじゃなく、簡単なものならブラウジング機能も動かせる。

ないと不便さハンパない拡張機能。日常的に使ってるから無いとダメ。

 

平幕クラス

Create Link  
プレーンテキスト、html、markdown、wikiなど色んな形式でリンクを生成する。こういう記事を書く時便利。

Libron  
アマゾンで売ってる本が図書館に所蔵されているか調べてくれる。

あまり使わないけど、特定のシチュエーションでは大活躍してくれる。

 

2011年12月9日のページ

今日の画像

壁際です

今日の引用

 新規事業はまず採算性がどれほどあるのか、最大リスクはいかほどかをチェックできればOK。そのためには、なるべく図解で整理し、損失と利益がどのようなポイントでイーブンになるのかを肌身で感じれることが大事だと思います。via: 誠 Biz.ID:プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術:新規事業の採算性を「図解思考」で実感する

今日の日記

政治家というのはどこの国でも我が身可愛さに勝てないのだな。

連ドラがみんな大詰めに入ってきて、年末が近づいたことを実感。

今日のリンク

Mozilla と Google との検索契約は、終わってはいなかった – インターネットコム
なるほど、独禁法の観点からGoogleとしてもMozillaを切れないというのは慧眼かもしれん。この話題には最適な〆と言えよう。

時論公論 「ロシア下院議会選挙・プーチン与党敗北の衝撃」 | 時論公論 | 解説委員室ブログ:NHK
すっきりしていて新聞より分かりやすい。これがNHKの実力か。

「家庭用ゲームと同等」のゲームをChrome上で スク・エニとGoogleが協力 – ITmedia ニュース
これは純粋に楽しみ 。

新事実! 世界地図をバラバラにして組み替えると十二支になる / 世界地図で描かれた12の動物 – ロケットニュース24(β)
ナイスアイデア。

歯並び矯正が半分の時間で終わる! 振動マウスピース「AcceleDent」(動画あり) : ギズモード・ジャパン
日本でも人気が出そう。もうアグリー・ベティはなしだね。

来年を「豊かさ2.0」スタートの年にしたい人だけに送る15のリスト | No Second Life
ちょっと記事タイトルがあざとく感じる。自分に贈るってことなんだろうけど。

Facebook 向けウェブサービスは IE6 に対応すべきか – IT戦記
IE6って小沢一郎みたいなもの。とっくに終わらせるべきなのに、そうすべき人達が一番騒いでいる。Googleみたいに斬捨て御免でいいのに。

2011年12月2日のページ

今日の画像

首脳会談?

今日の引用

奇しくも江戸時代は循環型社会として評価されています。現在の経済成長率で測れば高い成長ではありませんが、大量生産・大量消費社会ではなく限られた資源を最大限に活かして経済を維持し文化を発展させた社会構造を持っていました。via: ●企画プランナーの頭の中●:ワークショップで考えさせられた世代間で異なる「仕事の流儀」

今日の日記

朝ドラ『カーネーション』面白いね。尾野真知子いいわあ。鶴瓶の息子も茫洋とした感じがええわな。

欧州はECBが腹をくくって危ないトコの面倒見るかわりに、財政一体化を強制力を持って進めることで通貨の番人としての職務を忘れてないことをアピールする以外にユーロ解体を防ぐ方法は無いんとちゃうやろか。
で、ホントはなるたけ早くそうした方がいいだけど、ドイツ国内をなだめたりギリシャやイタリアを脅し透かしたりする時間と舞台が足りん。そんなこんなで、いよいよギリギリまではいくんだろうな。仕方なしに。

今日のリンク

【重要】世界の6つの中央銀行が危機回避の協調行動を発表 – Market Hack
通貨スワップ協定について簡潔で分かりやすく解説してある。流石である。

2011年赤ちゃんの名前ランク 女児1位「結衣」 2位「葵」 3位「結愛」 男児1位「大翔」 2位「蓮」 3位「悠真」 │ キニ速  気になる速報
蓮おおすぎだろう、冗談でなく。それと、アオイとかハスとか水辺な名前が上位にきてるな。

女子に効くのは「ネット広告」、男子に効くのは「SEO」 【広告の有無によるネット通販売上比較】 (1/1):MarkeZine(マーケジン)
これほどの迄のが他媒体でも見られる傾向であるなら、広告があって成り立つテレビや雑誌が女性向けになるのも仕方がないなあ。

2ちゃんねらーは「高齢で低学歴」 グーグル「Think Insights」に暴かれてしまった (1/2) : J-CASTニュース
学歴やら所得やらのグラフを改めて見るとギョッとする。Googleは何処まで知ってるんだ。データの真偽は。データの正しさは真実を担保しているのか。眉唾くらいで丁度いい。

Firefoxの新機能F1

Firefoxの新機能F1が面白そうだからインストールしてみたよ。

この機能は、TwitterとFacebookとGMailのアカウントを登録しておくと、ブラウザから簡単にポストできるんだ。詳しくはリンク先を読むかググってほしい。

で、早速この機能でツイートしてみたよ。それがこれ↓

上記のリンク先からツイートしたんだけど、該当ページのURLは自動で短縮化されるんだね。bit.lyサービスだけど。

使用感:

このサービスは、情報発信って点だけいうと、現時点ではソーシャルブラウジングの最前線に立っているんじゃないかな。って思ったけど前言撤回。ページごとにツールバーのボタンを押して起動させるんじゃ、いつも使っているhootsuiteのブックマークレットとどう違うのか。(答えは、GMailが付いている、だ)

しかも、hootsuiteならTwitterとFacebookへ一度にポスト出来るんだぜ。もちろん、URLの短縮化だって自動だ。

結論:使用停止

最初はアドオンをインストールしたらどのページからも機能が使えるのかと思ったよ。これじゃあ、意味ない。やめとこ。

ブログ内で Twitter からのツイートを共有・引用する方法

WordPressからメールをいただいだ。『ツイート画像を簡単にコンテンツ化』と題する記事の紹介で、

「Twitter ブラックバード・パイ(Blackbird Pie)」と呼ばれる機能を公開します。この新機能により、ツイートのパーマリンクをペーストするだけで以下のような表示ができるようになりました。

と言う事らしい。しかも記事によるとWordPress.comの標準機能だそうで、パーマネントリンクを貼ればいいだけ。

もう使えるのかな?試してみよう。ホレっ!

http://goo.gl/LxH9p あーっ、やっぱ短縮URLではダメっぽいな。コレならどうだっ!

オヤッ?プレビューしても反映されてないぞ。と思いきや、

ツイートをブログ内に埋め込むには、Twitter.com のサイト内のツイートのパーマリンクを訪れ、アドレスバーから URL をコピーして投稿に貼りつけるだけです。パーマリンクは個別ツイートを表示するページで、投稿日付・時間をクリックすると表示されます。貼り付ける際には同じ行に他には何も含まれていないようにしてください。これであとは WordPress.com が情報を取得し、リンクを変換してくれます(少し時間がかかる場合もあります)

ってことなんで、気長に待つとしましょうか。

ちなみに、WordPress.org向けにはプラグインが用意されているようです。

追記:

思ったより表示されるのに時間がかかった。けど、それには理由があるんだ。どうやらTwitterのパーマネントリンクは、投稿エディタのHTML画面上で直接リンクを貼り付ける必要があったみたい。上の記事をよく見たら気が付いた。でも僕みたいにいつもはWYSIWYG画面でいつも投稿してると、何の言及もないと気づかないじゃないかな。

あと、https://だと×。これも気をつけよう。

アップロードファイルの容量

アップロードファイルの容量はどのくらいか調べるのって面倒くさいと思いきや、思わぬ形であっという間に解決したぞ。

このブログにはposterousの記事をインストールしてあるので、たまたまどんな画像がアップされているか確認しようと、ダッシュボードの「メディア>ライブラリ」を覗いたら、

現在、使用済みの容量は208.7 kB です。残りの容量は、3.0 GB (100.0%) あります。 使用できる容量の上限を増やし、mp3、m4a、wav、ogg 形式の音声ファイルをアップロードするには、容量の有料アップグレードをご利用ください。 動画をアップロードしてブログに埋め込みたい場合は、動画アップグレードをおすすめします。

とのただし書きを発見。ほう、3GBあれば十分ですな。画像をびしばしアップロードするなんてことはないだろうし。容量自体も、無料レンタルサーバーでの容量の2倍ですからね。

動画ファイルをアップロード出来ないみたいだけど、YouTubeやニコニコ動画からリンクを貼ればいいだけ。

ということで、疑問解消。

WordPress.comブログについてわかったこと

Windows live space のブログサービスからWordPressに移管して、別の無料レンタルサーバーにあるWordPressのようにプラグインを導入しようとしたら出来ない。MicrosoftとWordPressとの契約の問題かと思いきや、こんな事のようなのだ。

WordPress.com は少し違っています。ソフトをダウンロードしたり、サーバーの費用を払ったり、サーバー管理をする必要はありません。WordPress.com に登録してブログを作成したら、

matt.wordpress.com

のような URL のサイトがもらえます。ユーザーにはソフトやデータベースの管理権限・FTP やシェルのアクセス権は与えられず、PHP テーマやプラグインをアップロードする事もできません。セキュリティ上の理由により、JavaScript や CSS の追加・変更も制限されています。WordPress.com でできる事を一言で言うなら、「すべて無料でブログを作れる」ということです。

WordPress.com では、Web ホスティング、冗長性およびバックアップを備えたデータベースの無制限利用(注: アップロードファイルスペースのことではありません)、ソフトの完全な自動アップグレード、コミュニティサポートフォーラム、多言語対応の管理画面とテーマ、ベーシックなアクセスログ、コメント追跡、サイトや投稿のランキング他、多彩な機能を無料で利用できます。こういった機能はこれからもずっと無料のままです。もし課金されているようなことがあれば…きっと夢の中の出来事でしょう 🙂

WordPress.com と WordPress.org の違い « WordPress.com 日本語フォーラム

つまり、Windows live space の移管先がWordPress.comなので、テーマやプラグインを独自にアップロードできませんよってこと。

まあ、その分安定的な運用を約束しますよってことなので、文句言ってはいけないようですね。ところで、アップロードファイルスペースの容量はどのくらいあるんだろう。調べりゃいいだけなんだけど、Microsoftだと情報取りにくいイメージあるので、躊躇するね。

取りあえず、現時点でわかったことのメモ。