米国出版業界の参入障壁

どこの国にも何がしかの参入障壁はあるもので、それが特に歴史的あるいは文化的もしくはその両方ともなれば強大な企業も跳ね返されてしまうらしい。

そんな事例を下記の記事を読んで知った。

エージェントとしては、自分が抱える作家の本がバーンズ&ノーブルに並ばないことがわかっていて、敢えてアマゾンから本を出させるようなことはした くない。どんなにキンドル版でバカ売れしますと言われても、それこそティム・フェリスやセス・ゴーディンのように紙の本にこだわらない著者ではない限り、 書店に自著が並ぶのを見たいというのが物書きの願望だろうし。

そしてこれは英語圏での成功を夢見る著者や出版社に対し、私がいつも口を酸っぱくして言っていることなのだが、アメリカの書籍の流通を理解してロジ スティックスを組める体制を持っていないと、全国の書店に本を並べるのはムリだということ。日本の出版社が自分たちで英訳して「とりあえず」出してみて も、まったく売れないようになっているのだ。

そのロジスティックスとは、本が出る何ヶ月も前から、カタログを作り、書店側に見本刷りを配り、メディアに書評を書いてもらい、書店の平積みに載せ てもらえるようにcoopという予算を使い、セールス・レップと呼ばれる営業担当が取次や書店から注文をとる、ということを刊行日までにじっくりやる仕組 みのことだ。日本のように取次さんに「初版何部なんでヨロシク」と投げられないようになっているのである。そしてこっちの作家は日本のようにあちこちの出 版社からちょこまか分散して出したりしない。だから作家としても、この出版社になら作家生命を預けられる、と思えるほどのコミットメントが感じられないと 契約したくないのもうなずけるだろう。

アマゾンは一般書の出版社として失敗したのか? « マガジン航[kɔː]

飛ぶ鳥を落とすAmazonすら、コンテンツメーカーたる作家の意向の前には軍門に下った。彼らはまだまだ書店に並ぶ「本」に魅力を感じているらしい。しかし世の中は変わる。しかも相手は、あのAmazonである。

何年か後には当たり前のようにAmazonが世界有数の出版社のひとつになっている気がする。

広告

現役使用中 Firefox アドオンまとめ

Chromeに比べて機能豊富、カスタマイズし放題なアドオンが多いように思われる。ヘビーユーザー向けだが、それ故にオーバースペックなメモリ無駄食いになりがち。要注意。
なお、今回はEvernoteなどウェブ・サービスに付随したアドオンは記載しなかった。

横綱

tombfix/core · GitHub
以前なら文句なしの横綱だったが現状はChromeのTaberarelooの方が使いやすい。
Foobar
アドレスバーと検索バーをひとつにまとめてくれる。何気に便利。
ShortcutKey2URL
ショートカットキーでURLを開けることができる。 実際にはBookmarklet を稼働させるために使っている。

常用

Secure Login
パスワードを記憶して、次回からはボタン一発でログイン出来るようになる。
FireLink – Copy link with keyboard shortcuts
ページタイトルやURLを色んな形式でコピーできる。ショートカットキーを割り当てることもできる。この原稿の作成でも大活躍。
Forecastfox Weather
アドレスバーに天気予報を表示してくれる。オプションが豊富。
Super Start
Firefoxの新規タブはコレを使っている。機能豊富。
Session Manager
開いているタブを「セッション」として定期保存していつでも復元してくれる。機能豊富。

あると便利

chaika
Firefoxに2chブラウザ機能を付加するアドオン。
Vacuum Places Improved
クリックひとつでFirefoxのデータベースを最適化してくれる。自動化設定できるので便利。

こんなのあるんだ

eCleaner
アンインストールしたアドオンの残滓をキレイさっぱり消去するアドオン。起動の高速化が期待出るそうだがよく分からない。
定期的にチェック!
指定したウェブページを定期的に開いてくれる。開くタイミングも指定可能。メールチェックなんかに向いている。

欧州危機 スペインはセーフ?

今回のユーロ危機は一般には単に南欧諸国の政府の放埓な財政政策が原因だと考える投資家が多いですが、その考えは単純過ぎます。

実際は共通通貨ユーロが導入された直後から、域内の大手銀行を中心にクロスボーダーでの貸付がどんどん増え、EUメンバー国の予算プロセスや税制、成長戦略などが整備される前に一足飛びにバンキング・サービスだけが国際化したことに問題の一端があります。

その意味で今回のユーロ危機はたんなる財政危機ではなく、バンキング・クライシスなのです。

スペインがバンザイ 「助けてケロ」発言にもかかわらず何故市場はズッコケなかったのか? – Market Hack.

この記事にあるように欧州危機がじつは銀行危機なのだとして、だからこそ応急処置ではあるけどスペインの銀行への支援が表明されたことで、市場が一服ついたということなのかな。

で、次はイタリアか。

うーん、これはドイツが相当出血する覚悟(ユーロ共同債とか)までは収まらないような気がする。

で、昔のようにドイツとフランスの仲が険悪になると。

そこを乗り越えられるかどうかが、キモになりそう。

まずは退却路から確保せよ 

弱者の論理とは何か、をこれほど具体的に教えてくれる事例も珍しい。そんな記事を見つけたよ。

ワッツのIR説明会での社長のおもしろプレゼンの中で、私が特に気に入ったのが、「ローコスト出退店」というキーワードです。別業態の既存店舗を改装して自社店舗とすることで出店コストを抑える「居抜き出店」というのは、よく聞く話ですが、「出店時に退店コストを最小化することを考える」というのは、なかなか他の多店舗展開の業態では見られない発想です。

ワッツの店舗は、町のスーパーの一角の天井にポップをつけ、什器を並べただけのような、70坪程度の小規模なものが中心です(筆者撮影画像参照)。居抜き出店が普通ですから、店舗内装にはほとんどお金をかけません。

その上、出店前に、①退店の時の敷金償却をできるだけ少なくする、②退去告知後、できるだけ早く退店できるオプションを獲得するといった交渉を家主と徹底的に行うようです。

引用元: 「ダイソーが来たらすぐに逃げる」という発想は見習いたい | cpainvestor.com.

この会社は引用元の表題にあるように、同業のなかで圧倒的強者であるダイソーとは戦わない戦略らしい。さっさと逃げ出すあたり、草食動物さながらだ。

しかしココでふと思った。ダイソー以外の競合とはどうなんだろう?

恐らく店舗面積がそれほど変わりないなら、十分勝てるくらいの自信は持っているに違いない。そうでなくては、組織が成り立たないはすだ。

うーん、何やら楠木正成や真田幸隆みたいな雑食系中小領主のイメージの方が相応しいようだ。草食動物と言った前言は撤回しよう。

ヤフージャパンは古い会社なのか

ヤフーはTechCrunch Japanの読者からすればきっと退屈な企業に写っていたかもしれない。なぜならばヤフーからは新しいテクノロジーやサービスもイノベーションも見えてこないからだ。

via 第二幕がスタートしてヤフーは変化するのだろうか.

夏までにかなりの変化を感じさせないといけませんね。ビジネスというより、先進的なサービスをスタートして欲しいとおもっています。

 

言葉に躍らされるのはよそう

ブラック企業とは違法なことを平気でやる企業 | 100% Pure NEET.

言葉に躍らされるのはやめよう。

一生懸命働くのは悪いことではない。

自分の都合を優先させるのは悪いことではない。

羨ましがって自分もそうなりたい、そうありたいと考えるほうがいい。

足を引っ張る必要なんて無いのに。