潜在意識は否定語を理解できない | nanapi[ナナピ]

潜在意識は否定語を理解できない

突然ですが、以下のようにいわれたらどうでしょうか?

「ピンクの象をイメージしないでください」

こう言われると、多くの人がピンクの象をイメージしてしまいます。つまり「潜在意識は否定語を理解できない」という傾向にあります。

ということは・・・

たとえば、すごく緊張する場面で

  • 「緊張しないようにしよう」

と思っても、脳は「緊張する」という風なメッセージで受け取ってしまいます。すると緊張がどんどん高まってしまいますよね。

こういう時は

  • 「リラックスしよう」

と置き換えて言うとよいわけです。そうすれば、潜在意識も「リラックスをする」という風に受け止めてくれるわけです。

私は心理学のことは全くしらないので、この記事を真実であると考えて話を勧めますが、コレはなかなか示唆に富む内容ですね。

わたし自身が当初は根拠なく楽観的なのですが、きちんと考えると意味なく悲観的になってそこから抜け出せなくなる、っていう愚図愚図した思考パターンなので、身につまされるんですよね。

なので、今後は「これ以上は悪くならない」ではなくて「これから良くなる」って考えればいいのかもしれませんねえ。

でも、いきなりそれは難しいなあ。(ほら、この通り)

よし、「これからは、少しずつ良くなる」、「こうすれば何とかなる」、「こうなっても大丈夫」って考えて、「だから冷静に対応策を検討しよう」っと思考を進めていこう。

うん、何とかなりそうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中